大阪府吹田市へ引っ越しする方へ向けた、引っ越しの準備方法と失敗しない引っ越し業者の選び方

吹田市引っ越しタウン

引っ越しが決まったらすぐにすること

 

現賃貸物件の解約

賃貸物件にお住まいの方は、すぐに退居することを貸主か不動産管理会社に連絡しなければなりません。

通常は「退居日の一ヶ月前まで」というところが多いですが、契約により異なりますので契約書をしっかりと読み直しましょう。

残りの家賃の清算や、返還される敷金についてもしっかりと確認しておきます。

 

駐車場の契約等も忘れずに確認しておきましょう。

 

引越業者の手配

複数の引越業者へ見積りを依頼し、料金やサービス内容を比較検討するとよいでしょう。

こちらの記事をご参考ください⇒ 引っ越しにかかる費用ってどれくらいかかるの?

 

引越シーズンである3~4月、11~12月あたりは予約がとりにくくなることもありますので、早めに手配しましょう。

 

単身者で1DKくらいの間取りであれば、レンタカーと友人の手伝いで自力に引越す方法もあります。

ファミリーや2DK以上の間取りの場合や、 単身者でも遠距離の場合は、引越業者にお願いをしたほうが得策でしょう。

 

レイアウトを考える

新居の間取り図を使って、家具などのレイアウトを考えておきましょう。

部屋のサイズ、ドアや窓の場所、コンセントの位置などを考えながら配置を決めておかないと、引越後に配置を変える必要がでてくることもあるので要注意です。

新居の下見をメジャー持参で行っておくとよいでしょう。

 

下見の際には、駅からの道順やスーパー、コンビニの場所など周辺環境もよく調べておきましょう。

また、搬入口前がトラックのとめられる道かどうかを引越業者に聞かれることがあるので確認しておきます。

 

不要品・粗大ごみの始末手配

家具や家電など大きな不要品は、市区町村の清掃事業所に引き取りにきてもらいます。

料金・収集日・収集方法は各事業所に問い合わせてください。

 

地域によって収集日が異なりますので、早めに手配をしましょう。

リサイクルショップやネットオークションなどでの処分も検討してみてもよいでしょう。

 

荷造り材料の手配

ダンボール、ガムテープ、ビニールひもなどの梱包資材の手配を行います。

ダンボールは通常1人あたり20箱くらいは必要となります。

サービスでダンボールを提供してくれる引越業者もありますが、無料か有料かなどは事前に確認しておきましょう。

 

こちらの参考記事で、お得に業者さんを探せる方法をお伝えしています。

⇒ 引っ越しにかかる費用ってどれくらいかかるの?

 

自分で手配する際は、スーパーやコンビニなどでもらってくることもできます。

他に、新聞紙、ビニール袋、はさみ、カッター、軍手、工具などが必要です。

参考記事

⇒ 【完全保存版】荷造りの手順と片づけマストアイテムのチェック表

 

購入品のリストアップ

新居で新たに必要となるものや買い替える予定のエアコン、ガス器具、カーテン、カーペット、家具類などをリストにまとめておきましょう。

特にカーテンは引越前に準備しておくとよいでしょう。

 

転校届け:各教育機関

在学証明書、教科書給与証明書、移動表を添えて、転校の手続きを行います。

公立高校の場合、欠員有無や選考試験などがありますので、早めに担任の先生に相談しましょう。

自治体により、書類が異なるため詳細は、各教育機関へ問い合せましょう。

 

その他届け出関係

銀行口座や保険、クレジットカードなどの住所変更等が必要になります。

引越し前に必要な手続き一覧の記事内でまとめていますので、お役立てください。

Copyright© 吹田市引っ越しタウン , 2020 All Rights Reserved.